中小企業の国内でのあり方

中小企業の国内でのあり方

中小企業の国内でのあり方

今後中小企業が国内で生き残っていく為には各企業が生き残るための策を明確にし、新たな事業への取り組み、生産を確立させていくことが大切になってきます。大手メーカーの生産ラインが海外に流れたことでこれまでと同様に製造業を続けることは厳しいと思います。その為、中小企業であっても日本という強みをしかし技術を改めて確立していくことが大切ではないかとおもわれます。インターネットに関する技術は今後も更なる高みを目指して技術革新が進んでいくと考えられます。製造業に関しては国内ブランドを確立させ、海外との価格競争にならない製品の開発や支援といった分野での技術提供などが必要となってきます。職人と呼ばれる技術者のスキルは海外でも十分に通用する技術がまだまだ数多く存在しており、この技術の活用が上手に運べば国内の中小企業のあり方が一つ明確になるかとおもわれます。JAPANブランドを海外に発信していくことで国内の価値はあがり、さらに現在国際的に問題となり取り組んでいる事業に対して、先進国となることで経済の活性化と内需の拡大へと繋がるとおもわれます。その為にも現在経営が厳しくなっている企業の救い上げを行い、新たな経営指針を示し事業の活性に向けた取り組みへと国を挙げて支援していくことが大切となります。ただ、海外との関係により輸出だけを行えない実情もあり、海外取引に関してはバランスをとり進めていくことが大切であるため、アメリカのシリコンバレーのようなベンチャー企業創出地域などを確立し、新たな企業の力によって経済を引っ張っていくことが必要になってくるかも知れません。