本来すべき政府の対策

本来すべき政府の対策

本来すべき政府の対策

本当に政府がすべき対策はいったいどういったものなのでしょか。中小企業が倒産しないように銀行と連携して何とか景気回復を図っていくこも大切な対策であったと考えられます。また今回自民党が実行している金融緩和によるデフレ脱却も必要な取り組みと思われます。アメリカも以前に金融緩和を行い、国内経済の悪化にブレーキをかけた経緯があるように日本もすばやい対応でデフレからインフレに国内を変化させ、内需を増やす取り組みを進めていく必要があるといえます。企業であっても同様ですが、政府が目標を明確にし、国内企業に対して指し示すことが大切であるといえます。企業も目標が定まらない企業は業績を回復させるどころか、社員すら何をしていいのかわからず、さらなる業績の悪化に繋がってしまいます。国としてはもっと重要になってきます。内閣が何度も変わる政府では国民一人一人が安心して生活できるには程遠い環境になっていると考えられます。その為、税金が上がることや、企業の倒産により失業率があがりと悪循環が続いています。今まで頼ってきた家電や半導体も海外へとニーズが流れたことで、国として新たな産業を創出することが重要であり、それに準じた事業運営を企業が取れるように明確な目標を定めることが大切であると考えられます。今回自民党政権に交代したことで、中小企業がよみがえる為の可能性を見出してくれれば、中小企業金融円滑化法により何とか経営を続けてきた企業にも一筋の希望がみえてくるかもしれません。