内需を増やす金融政策

内需を増やす金融政策

内需を増やす金融政策

日本経済が悪化する要因の一つには海外製品の高い需要があります。大手メーカーになると、製品を作るには国内で生産するより、海外に工場を建て社員を雇用して生産ラインを確保した方が安く、そして早くできるというメリットがあり、内需と言われる国内生産の需要が明らかに半減しました。内需を増やす為には国内資産を増やしていくことが大切であり、かつて大国日本と言われた時代には技術が先端であり、製造品のレベルが高かったことからMADE IN JAPANとして多くの人に高く取り扱われてきた経緯があります。しかし国内の技術が海外に流れた事で日本人は海外で働く事が増え、国内の企業にとどまる人は経済の流れとともに不景気になっていきました。メーカーの生産拠点を見ていてもわかるように、日本は海外に対して製品価格での対抗はできません。価格競争を続けると結果的に国民の生活レベルが低下し、所得が下がり企業は次々と倒産していく事になってしまいます。これが現在日本の実情にあると言えます。内需を増やし国内でお金を回していく為には国内での需要の高い生産が大切になってきます。農業で発達し、工業で発達してきた日本ですが、そのほとんどが現在海外に流れてしまい国内の製品は海外からの輸入製品が多くを占めている状態です。そういった中で国内での需要を増やし経済を活性化していく為には現在経営に苦しんでいる企業に対して新たな事業展開が行えるように資金を送り込む必要があります。当然現在のデフレを脱却してインフレにもっていく必要があり、バランスをとる事が大切になってくるので、それらを正しく判断して内需を増やす金融政策がもっとも重要となってきます。