住宅ローンの申請と実行

住宅ローンの申請と実行

住宅ローンの申請と実行

中小企業金融円滑化法によって救われた企業は1割に満たないと言われています。これはこの法律の対象となる企業や住宅ローン対象者が非常に多く、それらすべてに対して手が回っていなかった事が浮き彫りになりました。

 

そしてこの法律を上手に活用したのも対象企業の1割程度と言われており、倒産予備軍でなんら改善もみられない企業が何度も申請していた事実も浮かびあがってきています。

 

この政策により本来の目的が果たせぬまま、税金を政策に使い80兆円を超える不良債権がでたと言われています。そしてこの期限が切れる事でこれまで破綻せずにすんでいた企業や個人までもが多く破綻していく事が懸念されています。

 

上手に活用していたとは返済をただ待ってもらえたという事に他ならず、個人としても生活基盤の改善が図れている人は少ないとみられています。個人の生活基盤が改善されていればおのずと国内企業の繁栄が図られており、少なくとも政策まえよりも体感できるほどに景気が上昇していると考えられます。

 

しかしそういった実感もわいており図ただ政権が交代し、新たな経済対策として中小企業金融円滑化法が終了し、金融緩和によって紙幣の増刷と住宅ローン金利の低下へとつながったとだけ言えます。

 

金融政策によって個人に残された道筋は新たな金利契約をこぎつけるか、ローンの組み直しにより毎月の返済をなんとか回していくしかありません。今までのように猶予があたえられるのではなく、なんとか自力で現状を脱出していく事が必要とされています。