円高から円安政策への転換

円高から円安政策への転換

円高から円安政策への転換

一ドル70円台にまで跳ね上がっていた円の価値が自民党の政策によって80円を超える水準までに持ち直してきました。円高には円高の魅力があり、海外の製品を多く仕入れる事ができ国内に新たな風を呼び込むことができます。また海外に旅行に行く際も個人としてメリットがあると言えます。しかし円高が続くと紙幣が海外に流れる一方で国内の企業は発展しなくなります。そこで円高から円安の政策に切り替える事で国内資産を増やし経済に新たな流れをもたらす計画を立てました。円安に転換すると国内製品を安く海外に輸出できる事で国内の製造業が活性化する可能性を秘めています。現在海外取引の制約で問題視されているTPP問題などがありますが、円高から円安への政策へと転換したのならば国として計画を定め、過去のように迷走することなく進めていく事が必要に思います。円安政策によりたちまちインフレに流れが変わってきましたが、この変化に伴い中小企業が恩恵を受けるまではしばらくの時間が必要かと思います。政府が政策を転換して成果を発表しても中小企業にとっては未だ実感できない事実である事が非常に多く存在しており、この国内での温度差が景気が悪い状況においてもっとも懸念し、改善すべき課題であります。政府の政策によりリアルタイムで中小企業も変化を感じる事ができるなら国内の景気はここまで悪くならなかったと言えます。しかし実際は温度差がありスピードも違う為、今夏に転換により中小企業が多く活用できるまでは数年かかるかもしれません。